イメージ画像
初めての方へ診療項目診療案内インフォメーション

インプラント1
インプラント

インプラント(人工歯根)とは(implant)と表記し、「植えつける」という意味があります。失ってしまった歯の変わりにインプラントをあごの骨に埋め、それを土台として人工の歯を取り付ける治療法のことを言います。


人は永久歯を失うと残念ながら二度と生え変わってきません。
今までは虫歯や歯周病によって歯を失うと「入れ歯」などを用いるしかその部分を補う方法はありませんでした。しかし、入れ歯だと固い物がうまくかめない、発音がおかしい、また、長く使っている間に合わなくなってガタついてきたりする場合があります。


インプラント2

歯の役割は、見た目はもちろんのこと、ご飯を食べることや発音をコントロールすることなど健康を維持するにはとても重要です。歯を失った場合、健康な歯を削ってブリッジにしたり、部分入れ歯にしていました。しかし、ブリッジにするために一度削ってしまった歯は弱くなり、虫歯になりやすくなります。また入れ歯のばねをかける歯は、負担がかかり、歯が壊れてしまうこともあります。こうした悪循環で、治療を繰り返した末に歯を失ってしまうケースも少なくありません。


このように歯を失ってお悩みの方にインプラントは開発されました。インプラントは一度失ってしまった歯の部分に、人工の根を埋めて固定する方法です。一度いれると、しっかりと固定され、取り外しの必要がありません。抜けた歯の外観と機能を、歯根から歯冠まで修復できるのが、インプラント治療です。


人が物を噛むときの圧力は、想像以上に大きいもの。でも、丈夫なインプラントなら、天然歯の歯根と同様に機能します。また歯冠の色や形も、最新の歯科技術によって、自分の歯と同じように作ることが可能です。


pagetopへ

インプラント治療、こんな方におすすめです。

失ってしまった自分の歯の替わりに、下記の図のような人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製してかみ合わせを回復する治療法です。固定性であるため、ガタついたりせず、自分の歯のようにかめるようになります。
ブリッジで両隣の健康な歯を削ることに抵抗のある方、入れ歯のバネが気になる方、固いものが噛めず食事を楽しめない方、嘔吐反射の強い方、入れ歯を取り外して清掃することにわずらわしさを感じる方、入れ歯が合わず何度も作り直している方などにおすすめの治療法です。


Case01 1本、歯を失った場合1
治療前治療後

Case01 1本、歯を失った場合2

失った部分にインプラントを1本埋入します。従来は健全な両隣の歯を削ってブリッジを用いて治療していましたが、インプラントを用いると健全な歯を傷つけることなく治療を行うことができます。


Case02 何本か歯を失った場合1
治療前治療後

Case02 何本か歯を失った場合2

従来は局部的な入れ歯を用いて治療を行っていましたが、インプラントを何本か用いて治療を行います。入れ歯を固定するための金属のバネによる違和感はもちろんありません。


Case03 全て歯を失った場合1
治療前治療後

Case03 全て歯を失った場合2

従来の総入れ歯ではなく、インプラントを用いて治療します。この方法なら食べ物が入れ歯と口腔粘膜の間に挟まったり、入れ歯が合わなくなるようなことはありません。


pagetopへ

インプラント・入れ歯・ブリッジのメリット・デメリット

【インプラントの特長】
インプラントは、歯のない部分に人工の歯根を埋める治療方法です。 チタン製の人工歯根と骨が結合するので、がたつかず、天然の歯と変わらずに噛む事ができます。


インプラントのメリット・デメリット

入れ歯のメリット・デメリット1

【入れ歯(取り外し式義歯)の特長】
入れ歯は、歯が多数欠損した場合や、両隣に支えとなる歯がない場合(奥歯など)に行う治療法です。具体的には周りの歯にバネをかけて入れ歯を支える部分入れ歯、また歯茎の上に乗せる総入れ歯などがあります。


入れ歯のメリット・デメリット2

ブリッジのメリット・デメリット1

【ブリッジの特長】
ブリッジは、失った本数が1〜2本の場合に行う治療法です。歯のない部分を補うために両隣の歯を削り、連結した人工歯で橋をかけます。両隣の歯が差し歯の場合はできないことがあります。


ブリッジのメリット・デメリット2

pagetopへ

インプラント治療の流れ
インプラント治療の部品図

Step01 インプラント治療

まずはインプラント治療に必要な検査とカウンセリングを行います。
インプラント治療ができるかどうかの判断、他の治療法との比較、おおよその費用、期間、インプラントのメリット、デメリットのご説明などいたします。その後、全体の咬み合わせをみるために歯形をとり模型を作り、その上で咬み合わせのチェック等を行います。さらに、診断用のレントゲンをとり、さらに詳しい状態を把握するため、CTをとる場合もあります。
初診での検査資料を元に診断し、より詳しい治療計画のご説明をします。インフォームドコンセント(十分な説明と理解)が十分に行われてから治療を開始しますので、安心して治療に臨むことが出来ます。


矢印
Step02 インプラント治療

他の歯に虫歯があったり歯周病にかかっていると、すぐにはインプラント治療はできません。インプラント治療の前に周囲の歯の虫歯治療や歯周病(歯槽膿漏)の治療を行います。また、骨量が不足している方には骨の再生治療を行います。


矢印
Step03 インプラント治療

歯の根に相当する部分でインプラントの部分(=フィクスチャー)を手術により顎の骨に埋入する手術を行います。局所麻酔を用いて行いますので安心して手術を受けて頂くことができます。
また手術方法は、一回法と二回法の二種類があります。どちらを選択するかは、患者さんのお口の中の状態によってよりよい方法を選択することになります。


矢印
Step04 インプラント治療

この後、骨とインプラントがしっかり結合されるまでの治癒期間(3〜6ヶ月)を設けます。
※治癒期間は骨の質などにより個人差があります。
※なお、この期間中は仮歯を入れることができるので、日常生活には支障がありません。


Step04 インプラント治療の図

矢印
Step05 インプラント治療

人工の歯の支台となるインプラントの部分(=アバットメント)をフィクスチャーに連結し、お口の中に歯の土台を作ります。

矢印
Step06 インプラント治療

インプラントを含めたお口の中全体の印象採得(=型をとること)を行います。その型に従い、人工の歯を作製します。その後、アバットメントの上に人工歯を装着して完成です。上部構造が出来上がったら、かみ合わせのチェックなどを行います。


矢印
Step07 インプラント治療

インプラント治療の終了後、インプラントを長持ちさせるためには、適切なホームケアと定期的な検診が不可欠です。正しい歯みがきを心掛け、半年に一度、定期検診を受診するようにして下さい。


pagetopへ

お問い合わせフォーム メールでのお問い合わせ
g.a