イメージ画像
初めての方へ診療項目診療案内インフォメーション

矯正歯科1
矯正歯科

皆さんは「歯列矯正」というと歯並びを揃えるために治療するために行うものと思っていませんか?ちょっと前までは「歯列矯正」というと、歯の表面に金属のワイヤーが巻き付けてあり、「人前で口を開けて笑うのが恥ずかしい」「ご飯を食べる時に口元が気になる」「治療費が高い」といったマイナスのイメージがありました。そのため、歯並びが悪くても我慢してきたという方も多かったのではないでしょうか?
しかし実は、歯列矯正の本来の目的は歯並びなどの見た目よりも「かみ合わせの正常化」にあるのです。


矯正歯科2

さらに、最近では矯正技術の飛躍的な進歩により、審美的にも良く、矯正していても目立たないといったことから前向きに捉えられるようになってきました。特にここ数年は歯並びを気にする若い女性達が増え、歯列矯正を行うケースが増えてきています。ここでは歯列矯正で歯のかみ合わせを正常にすることによってどんな効果があるのかご紹介していきたいと思います。


正しい歯並びと正しいかみ合わせ1

「歯並びが気になるから…」と整えるために歯列矯正を行う人が多いと思います。ですが、本来の歯列矯正は、「正しい歯並びに治す」ということが一番の目的です。
でも、「正しい歯並び」と「綺麗な歯並び」ってどう違うのですか?同じことでは?と思われる方も多いことでしょう。実は、ちょっと違うのです。
では「正しい歯並び」とはどんな状態なのでしょうか?
正しい歯並びとは、歯をかみ合わせた時に奥歯と前歯がきちんとかみ合っている状態で全ての歯がとかみ合い、下の前歯の3分の1〜4分の1が見えるのが「正しい歯並び」そして、「正しい噛み合わせ」なのです。

正しい歯並びと正しいかみ合わせ

正しい歯並びと正しいかみ合わせ2

歯並びが悪い方の中には、歯がでこぼこに生えているだけではなく、奥歯や前歯がきちんと噛み合いません。そのため食べ物をよく噛み砕くことができず、消化不良など胃腸障害を引き起こすことがあります。また、歯ブラシが当たりにくいため、虫歯や歯周病、歯肉炎の原因にもなります。その他肉体面、精神面において、さまざまなトラブルが現れる可能性があるのです。


pagetopへ

アンカー かみ合わせが大切な理由
かみ合わせが大切な理由1
かみ合わせ測定器

皆さんは歯のかみ合わせが悪いと体調不良や様々な病気・症状を引き起こす可能性があることをご存じですか?実は、かみ合わせはとても大事なことで、100分の1mmズレているだけで、肩こりや頭痛など、身体全体に変調をきたしてしまいます。


かみ合わせが悪いと、物をうまくかもうとして、左右どちらかの歯だけでかんだり、不自然にあごを動かしたりして、偏ったかみ癖がついてしまいます。これを長期間続けていると、あご全体が正しい位置からずれ、頭を支えるバランスが崩れることにより、頭の骨の重心がずれて、それをフォローしようと、背骨や骨盤、ひざや足首の関節などを曲げて調整することになります。


かみ合わせが大切な理由2

このような不自然な姿勢が長く続いて背骨が曲がったりねじれたりすると、背骨の中を通っている神経が圧迫され内臓や腕、脚にまで影響を及ぼすようになるのです。また、食べ物をよく噛むことができないため、唾液の分泌が減り満腹感が得にくくなります。すると、つい食べ過ぎてしまい、肥満や消化不良、胃腸障害を招いてしまう恐れもあるのです。


一方、メンタル面にも大きく影響します。顎の骨がずれていると首を支える筋肉が緊張するため、イライラしたりぼんやりしたりすることが増え、ひどくなると不定愁訴(原因不明の体の痛みや不調)を訴えることもあります。この他にも、歯と顎の骨の成長不足から起こる舌足らずな喋りかた、タ行、ダ行などの特定の言葉が発音しにくいこともあります。 悪い噛み合わせは顎の骨に負担をかけ、ひどくなると口を開けた時にカクカク音がしたり、痛みを伴ったりする「顎関節症(がくかんせしょう)」を引き起こすこともありますので、早期の治療を心掛けましょう。


pagetopへ

歯列矯正の種類

皆さんが「矯正」と聞き、すぐに浮かぶのは「前歯に巻いたワイヤー」というイメージではないでしょうか?口を開けたときにワイヤーが目立つため、女性の中には、「恥ずかしい」と矯正を躊躇している方もいるほどです。ですが、それは一昔前の話。現在の矯正技術はかなり進んでいますので、取りつける装置の素材も改良され、以前に比べ目立たなくなっているのです。ここではそんな矯正の種類とそのメリットデメリットをご紹介していきたいと思います。


マウスピース1

ブラケットやワイヤーを使わず、透明なプラスチック製の矯正装置を口の中に装着する方法です。メリットは矯正装置がまったく目立たないということ。またブラケットやワイヤーのように、口の中の違和感がなく、自分で取り外しができます。


マウスピース2

ただし、この方法で矯正できるのは、軽度の乱杭歯や曲った歯など症例が限られます。また、装着時間も1日18時間〜20時間と長いため、根気がないとなかなか続きません。半年〜8か月ほど部分矯正を行い、その後マウスピース矯正に切り替える方式が、最も効果的です。


マウスピース3

舌側矯正1
舌側矯正

いくら綺麗な歯ならびになるといっても、笑うと装置が目立っては、患者さんにとっては大きなストレスになります。そんな方でも、抵抗なく行える矯正方法が「舌側矯正」です。歯の裏側に「舌側リンガル装置」を取りつけるので、口をあけても矯正装置がまったく見えません。誰にも知られずに矯正できるのが、最大のメリットとも言えるでしょう。
また、唇側矯正(しんそくきょうせい)のように、装置がくちびるの裏側にあたって痛いということもありません。ただし、特殊な技術力が求められる矯正方法ですので、歯科医選びは慎重に行いたいものです。


舌側矯正2

唇側矯正1
唇側矯正

一般的な矯正方法で、歯の表面に「マルチブラケット装置」という矯正装置を取りつけ、メタルなどのワイヤーを通して固定させることで、歯を引っ張っていきます。ブラケット装置の役割は、歯にワイヤーの力を均一に与えるためのもの。ワイヤーが外れてしまっては治療効果があがりませんので、ブラケットからワイヤーが外れないように、ゴムなどでしっかり固定させていきます。こうして、歯は長い時間をかけてゆっくりと移動し、理想的な歯並びとなるのです。
ブラケットの素材はメタルが主流のため、口をあけると金属が目立ちます。最近ではセラミック製のブラケットなど、あまり目立たないものが増えきました。


唇側矯正2

また、最近では矯正歯科治療を楽しみたいという方がワイヤーをブラケットに固定しているゴムリングをあえてカラフルなものにし、オシャレを楽しむ女性が増えてきているようです。ゴムリングも多種多様で透明なものからパステルカラーのものまでありますので、その時々の季節やイベントなどに合わせて、カラーコーディネイトしていただければ、治療期間が短く感じられることでしょう。ただし、セラミック製は、メタルに比べ壊れやすく、料金も少々高めというデメリットもあります。どちらを選ぶかは自己判断ですが、両方のメリット・デメリットなどを比較した上で決めましょう。


唇側矯正3

pagetopへ

歯列矯正の流れ
step01

まずは現在のお口の状態をチェックした後、患者さんにご希望や治療について気になること等をお伺いします。また、矯正治療計画を立てた上で必要な検査を行い、治療中の歯の移動状態を把握するために治療前の状態を記録します。


step02

最新の検査機器を使って歯やアゴの状態を綿密にチェックします。治療に必要なあらゆる情報を収集し、それをもとにコンピュータで分析・診断。歯並びの異常の原因を解明するとともに、治療後の状態を予測します。


step03

精密検査をコンピュータで分析・診断した結果をもとに治療方針を話し合います。また治療に必要な装置、矯正期間、抜歯かどうか、歯列矯正治療に必要な費用等のご説明をいたします。また不明点や疑問点にも丁寧にお答えしますのでお気軽にご相談下さい。


step04

歯列矯正をする前には歯や歯茎の状態を健康に保たなければなりません。矯正装置をつけていると、食べものが付着しやすくなるため、口腔内の清掃をするとともに、正しい歯磨きの指導をします。また、虫歯や歯周病、抜歯などが必要な方は矯正治療をする前に治療します。


step05

歯列矯正の前へには準備が必要です。ブラッシング指導などを受け、全ての状態が整いましたら矯正装置が入ります。
治療の内容には個人差があるため時期や装置を分けて行なうこともあります。


step06

歯の移動状態に合わせ1ヶ月に一度のペースで通院していただき、歯の移動の状態をチェックしたり、装置の調整を行います。矯正装置の装着期間は、個人差があり年齢・歯の状態・治療方法によって異なりますが約1〜3年くらいが目安です。


step07

歯が予定の位置に移動しても歯列矯正は終了ではありません。移動後は装置を外しますが、放置すると歯が元あった位置に戻ろうとする現象(後戻り)を防止するために保定装置(リテイナー)を装着します。部分矯正、全体矯正関係なくメンテナンスが必要です。


step08

必要な保定・観察が終わったら、矯正治療はすべて終了です。
その後も半年〜1年に一度は定期検診を受けるようにしましょう。


pagetopへ

お問い合わせフォーム メールでのお問い合わせ
g.a