イメージ画像
初めての方へ診療項目診療案内インフォメーション

小児歯科
小児歯科

当院の小児歯科では、0歳からの歯科検診や虫歯の治療、フッ素塗布やシーラントによる歯質強化を行っております。小児期には、 乳歯だけ→乳歯と永久歯のまざった状態→永久歯と色々な段階を経て状況が変わります。その過程でかみ合わせを育成し、健全な成長を促すうえで小児歯科は大事な部分です。
当院では予防の観点からも健全な歯の育成に努力しています。お子様の虫歯の予防に努め、最終的にはきれいな永久歯を正しい位置に生やし、健康なお口の状態に育てることを目標にしています。
尚、緊急の場合を除き、お子様が歯科医院に慣れてから治療を開始します。ご安心下さい。


虫歯治療は「なり始め」が肝心です

乳歯は虫歯になりやすく構造が永久歯に比べて薄いことが特徴です。
また、虫歯になった際の自覚症状もほとんど出ないため、気づいたときには神経の近くまで虫歯に侵されてしまうことも珍しくはありません。乳歯の虫歯を早期発見するために、お母さんが歯の表面をチェックしてあげましょう。表面が白っぽくなっていたり黒いシミができていたり、歯の溝が黄色くなっていたりした場合、虫歯になり始めている可能性があります。その時点で小児歯科に行くことができれば、大きな負担をかけずに治療が可能なのです。


pagetopへ

虫歯・歯周病の予防 @フッ素を用いた予防法

当院では、フッ素(フッ化化合物)を用いた虫歯予防を実施しています。このお薬を応用することによって、歯の質を強くし、虫歯の菌が作り出す酸に抵抗する強い歯にしていきます。また、年3回から4回の塗布を継続していくことで徐々に強い歯に育てていくことが大切です。フッ素入りの歯磨剤の使用などを併用することで効果が高まります。
さらに、歯の表面のエナメル質が溶けるのを防ぐためだけでなく、酸で軟らかくなり始めたエナメル質を硬くしてくれる「再石灰化」の作用もあります。
ただし、フッ素を塗布すれば、その後絶対に虫歯にならないということではありません。虫歯予防でもっとも大事なのは、やはり自宅で毎日行う歯みがきややうがいなど、日々の基本的な歯垢清掃なのです。

フッ素入り歯磨き粉

虫歯・歯周病の予防 Aシーラント

当院では、フッ素(フッ化化合物)を用いた虫歯予防を実施しています。このお薬を応用することによって、歯の質を強くし、虫歯の菌が作り出す酸に抵抗する強い歯にしていきます。また、年3回から4回の塗布を継続していくことで徐々に強い歯に育てていくことが大切です。フッ素入りの歯磨剤の使用などを併用することで効果が高まります。
さらに、歯の表面のエナメル質が溶けるのを防ぐためだけでなく、酸で軟らかくなり始めたエナメル質を硬くしてくれる「再石灰化」の作用もあります。
ただし、フッ素を塗布すれば、その後絶対に虫歯にならないということではありません。虫歯予防でもっとも大事なのは、やはり自宅で毎日行う歯みがきややうがいなど、日々の基本的な歯垢清掃なのです。


虫歯・歯周病の予防 B歯みがき指導
歯みがき指導

どんなに予防をおこなっても、どんなに虫歯の治療をしても、歯みがきがうまくできず、甘いものを食べ続ければ必ず虫歯になってしまいますし、小さなお子様でも歯周病になってしまうこともあります。お口の健康を維持するには、毎日の生活の中での歯みがきや、食事、あるいはおやつ(間食)の管理がもっとも重要です。当院では、院長をはじめ歯科衛生士による歯みがき指導・講習を実施しています。
また、赤ちゃんや幼児に対しては、お母さんが丁寧にケアしてあげましょう。また、1人で歯磨きができるようになっても、仕上げ磨きやチェックをしてあげることが大切です。


乳児期

まだ歯が生えていない時期には、舌に白いカスが溜まってしまうことがあります。気づいたら、湿らせた布やガーゼを使って拭き取ってあげましょう。


生後7〜8ヶ月

生後半年を超えると、赤ちゃんには小さな前歯が生え始めます。この時点でも、歯の汚れに気づいたら湿らせた布などで拭き取ってあげましょう。


生後1年〜

生後1年を過ぎてからは、お母さんが歯ブラシを使ってケアしてあげましょう。


3歳〜

3歳を過ぎたあたりから、お子様自身に歯磨きの仕方を教えて自分で磨かせるようにしましょう。もちろん、すぐにしっかり磨けるようにはなりませんので、最後にお母さんのチェックが必要です。


5歳〜

5歳くらいから、毎食後に自分で歯磨きをする習慣をつけさせましょう。朝・昼・晩の3回磨かせて、お母さんは仕上げ磨きを行うとともに、磨き残しのチェックをします。


6歳〜

6歳くらいになると、奥歯に「六歳臼歯」という大きな歯が生えてきます。この歯は溝が深く、食べカスも溜まりやすいためチェックも念入りにしてあげましょう。


pagetopへ

歯並び・かみ合わせの治療(歯列矯正)
歯並び・かみ合わせの治療

歯列矯正治療は、歯並びとかみ合わせをキレイに整える歯科治療です。矯正装置を使って歯を移動させ、きちんとしたかみ合わせにします。 大人の方でももちろん行いますが、お子さまの治療で特徴といえるのが、成長の力と上手に付き合っていく ことです。アゴの成長に合わせて歯を正しい位置に動かすことができるので、歯を抜かなくてもキレイな歯並びに納まりやすいのです。
普段からお子さまの生活習慣、食生活などに注意をしてあげてください。日々の注意がお子さまの歯並びだけではなく様々な健康を守ることになります。
少しでも疑問や気になる事があればなんでもご相談ください。


矯正の時期はいつ頃がいいの?

口の中の状態は一人ひとり違うので一概には言えませんが、「あごが成長段階にある幼児期」から矯正歯科医が定期的に観察していくのが理想的です。歯並びやかみ合わせの問題は、歯の土台となるあごの形や大きさと切っても切り離せないからです。一般的には7〜8歳から歯を動かす治療を始めることが多いようです。それは、ちょうど上下の前歯が永久歯に生え変わり、将来の歯並びがある程度予測できる年齢だということと、患者であるお子さん自身に治療に対する自覚が生まれることが理由として挙げられます。
しかし、あごの骨格に問題のある受け口や開咬、交叉咬合といった不正咬合は、早めに治療したほうがよい場合もあり、ケース・バイ・ケースです。相談したからといってすぐに治療しなければならないことはないので、まずは気軽にご相談下さい。


子どものうちから始めることのメリット

何よりも成長発育を利用できることが大きいでしょう。
そもそもかみ合わせや歯並びの悪さは、歯だけではなく、顎(骨格)にも問題がある場合が多いのですが、成長が止まってしまった大人の場合、不正咬合は歯の移動で治すしかありません。そのため、乱ぐい歯などの場合、健康な歯を抜歯しなければならないケースも多々あります。
一方、発育過程にある子どもの場合、上下のあごの成長を抑制したり、促したりして治すことが可能となってきます。つまり、骨格と歯並びの両面から治療できるのです。そのため、健康な歯の抜歯を回避できることもあります。また、使用する矯正装置も比較的シンプルなものになるのと、お子さんは虫歯や歯周病などによる治療痕(修復物や補てつ物)が大人に比べて少ないため、矯正装置の装着がカンタンにできるのもメリットです。


pagetopへ

お問い合わせフォーム メールでのお問い合わせ
g.a